ペンケース スマホでヤフオク!

高級X-taoペンケース付き!万年筆 国産 【OHTO/オート】“セルサス/CELSUSワインGT” カートリッジ式 ペン先 F 細字 新品 単品発送/OH9WI

723円 (入札件数 36件)
なし
【OHTO/オート】万年筆Celsusu/セルサスワインGTオーソドックスな葉巻シェイプのカートリッジ式ドイツ製ニブ付きの堅実で実用性を重視したコスパの高い万年筆今回はなんと、特別に!「WANCHERプロディース高級本牛革X-taoペンケース1本入れタイプブラック」をセットにしてお届けします!<デザインと書き味のバランス良い模範的なエントリータイプ>今回ご紹介する国産メーカー「オート社」のセルサスは、実に端正な作りと質感の国産万年筆です。これまで、hunnyhuntjpでは上級機種「Majestic」を扱っていましたが、このCELSUA/セルサスは「オート社」のベーシックラインとでも呼ぶべきアイテムです。オートの万年筆というと親しみやすく、身近な筆記具として使うにはとてもリーズナブルで品質も良く、そういう意味ではコスパに優れた良い万年筆です。またどちらかというと、繊細な細軸タイプが多いと思われがちでしたが、そんな印象を覆し、より実用的で作りの良いしっかりしたタイプが「セルサス」です。キャップ装着時のバランスがとても良いのも魅力です。本体のみで筆記する時は、中央からやや後ろ部分を軽くホールドし、寝かせ気味にするのですが、キャップをポストする場合は、首軸の黒い部分と本体部分の境目辺りを持ちます。万年筆が指の中にすっぽりと納まるのです。自然と指の中にペンが納まってしまう、という感覚なのです。バランスご良いという点では、高級機種にも劣らない良さを備えています。<手ごろな価格、高級感と安定感!>商品クラスとしては、お求めやすい普及品タイプなのですが..
2018年6月25日 23時06分

X-taoペンケース付 万年筆【Conklin/コンクリン】”Duragraph /デュラグラフ”アンバー/ Amber CT ニブM (中字) 両用式 新品 /CON25OR

1,746円 (入札件数 34件)
なし
¥ 【Conklin/コンクリン】 1920年代アメリカの伝統を受け継ぐ! デュラグラフ万年筆 ”AmberアンバーCTカラー” アメリカの伝統的なスタイルを継承した、シックな大人の筆記具。 Conklin「Duragraph」万年筆を紹介します。 1923年に発売されてから、90年以上の間、普遍的なスタイルで世界中のファンから 愛され続けている「Duragraph」。 幅広い世代へ向け、大事な宝物になるようにという願いから生まれ親から子へ、子から孫へ、 代々受け継がれてきました。 現在では、アメリカを代表するコレクションとして世界中に認識されるほど 人気を得ています。今回のモデルはキャップトップがフラットトップデザインへ と変更され、さらにモダンなスタイルへと生まれ変りました。 1920年頃ヨーロッパ、アメリカなどで流行した「アール・デコ」を継承した「Duragraph」。 万年筆黄金時代の復活とでもいいましょうか! やはり、この時代の万年筆には時代を超えた存在感、風格を強く感じます。 シンプルなフォルム、幾何学図形や左右対称といった ジオメトリック的なデザインが多くのファンを魅了したのでしょう。 また、この「Duragraph」という名前は、「durable(永続性)graph(図表)」 2つの言葉を合わせて名付けられました。 コンクリンを代表するモデルは、今後も永遠に受け継がれてゆくという願いと 書くということに適した正確な道具でなければならない。ということがモデル名 からも感じることができま..
2018年6月25日 23時25分

万年筆 ペンケース付き 【hunnyhunt/ハニーハント】プロデュース “ベトナム蒔絵/鶴ブラックCT” 両用式 ドイツ製ニブM(中字) 手仕事/Y474

2,170円 (入札件数 31件)
なし
【hunnyhunt/ハニーハント】プロデュース万年筆“ベトナム蒔絵/鶴ブラックCT”すぐに持ち運びができて万年筆の保管維持に便利なX-Taoペンケース入り端正でエキゾチックなハンドメイドのベトナム蒔絵が映えて美しい使い易い両用式定評のあるドイツ製ニブM(中字)でビジネス向けのやや硬めにタッチも実用的ベトナムにも漆を使った蒔絵技術が伝統工芸として長い歴史を誇っています。この蒔絵を施した万年筆を私達【hunnyhuntjp】が、メイン商品として販売しているブランド「WANCHER」の海外スタッフの中のベトナム人スタッフを通してベトナム現地の蒔絵職人に依頼して作ったのが、今回ご紹介する「ベトナム蒔絵/鶴ブラックCT」なのです。今後は「ベトナム蒔絵」シリーズとして、様々な絵柄をプロデュースご紹介していきます。漆を使った器製作は中国が元祖です。日本に伝わり、極めて洗練された技法と高度な技術で優れた作品を作り世界に知られています。その漆器製作はアジアにも広く行きわたり、ベトナムで独自のスタイルに昇華したのです。「WANCHER」のベトナム人スタッフが帰国休暇中にアーチストと会い話しあって、万年筆の軸に漆で絵を描いてもらうことになったのです。特別に万年筆に書いてもらった物で、シルクスクリーンのようなプリントではないため、同じ図案でもすべてに少しずつ違いがあります。どれも繊細なタッチで描かれており、継承されてきた熟練された技を感じさせられます。見事です。独自の感覚と継承された技で、このような素晴らしいアートを生み出す人々がどんどん減っています。少しでも..
2018年6月25日 23時58分